脊髄損傷

脊髄損傷も交通事故ではよくある後遺障害の一つではないでしょうか。脊髄というのは人間の体にとって非常に重要な部分ですし、脊髄を損傷したことが原因で下半身に麻痺が残ったというようなケースはよくあります。脊髄はデリケートな部分ですし、そこに衝撃が加わることによって手足の麻痺などを引き起こしてしまいます

麻痺脊髄は脳から末梢神経に送られる信号を伝えるための神経ですから非常に重要ですし、それが損傷してしまうと手足に脳からの指令が届かなくなってしまいます。

脊髄は小脳から頸椎,胸椎,腰椎の脊柱管の中に収められている中枢神経であり,脳から送られる信号を手足などの末梢神経に伝達し,また,末梢神経から脳へ信号を伝えるきわめて大切な神経です。

脊髄損傷によって手足が麻痺してしまうというのはこうした理由があります。脊髄損傷によって人生が台無しになってしまったという方も少なくありませんし、交通事故の後遺障害としてはもっとも恐ろしいものに分類されるでしょう。

脊髄損傷によって生じる麻痺にもさまざまな種類があります。両方の腕と足が麻痺してしまう四肢麻痺と呼ばれる症状もあれば片麻痺、単麻痺、対麻痺といった種類があります。いずれにしても麻痺の症状が残ってしまうのは事実ですし、こうした状態の場合は慰謝料の請求が可能です。交通事故の加害者相手に慰謝料を請求してお金で補償してもらうことは可能ですから一度弁護士にも相談してみましょう。

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930